大山三鈷峰

登山日

 2011年7月28日(木)

天候

晴れ 

山名

大山三鈷峰

所在地

鳥取県米子市

登山口

大山寺

コースタイム

駐車場6:00-分岐6:40-尾根7:10-崩壊地8:28-分岐8:55-三鈷峰頂上9:12-ユートピア小屋10:09-P1597m10:35-砂すべり11:53-元谷堰堤12:25-大神山神社12:50

標高

1516m

距離

9.3km

同行者

吹・諏・倉

所要時間

7時間(休憩1時間含む)

 

 諏さんから、夏休みなのでどこか登りませんかと連絡をもらった。それならば、三鈷峰のクガイソウを見に行こうということになり、
 前日の夕方から南光河原駐車場を目指す。米子には大山に詳しい友人の吹さんもいるので、一緒に誘った。
 28日の早朝6:00に待ち合わせて出発した。平日なのに有名なクガイソウを目当てに、多くの県外ナンバーも目立つ。
 早朝は、曇っていたが次第に晴れて午後から曇りの予報だと吹さんが話していた。期待できるかも・・・。
 神社で水を確保し、樹林帯を進む。この時間は、嬉しいことにブヨも飛んでいない。おまけに何と寒いくらい涼しいのだ。
 私達の予想に反して、この涼しさはずーっと続いたのだ。だから、用意した水も800mlしか飲まなかった。重かったのに・・・。

 

              南光河原駐車場を出発                     大神山神社

 

                ここから登る                      樹林帯を登りきると尾根にでる

 

               ブナの木立の中の細尾根を歩く           暫く歩くとヤマアジサイロードに・・・。

 

         大山北壁が見えたがまだガスの中 晴れますように         崩壊地を登る

                                  夏の大山北壁が姿を現す

 登山道にはたくさんの花が咲き、中でもヤマアジサイは凄かった。ずーっとユートピア小屋分岐まで続くのだ。
 ガスも次第にはれ、青空が出てきた。ここ何回かの山行の中で一番の天気だった。やっと私にも運が向いて来たかな・・・。
 雪の大山しか登ったことがない私は、初めて夏姿の大山を見て感動した。勝間ケルンなんか雪の中でしか見たことがなかった。

 

                 ここから砂すべりへ                 草木に覆われた勝間ケルン

 

             ガスが取れて、遠く日本海を見下ろす             三鈷峰、ユートピア小屋分岐

 

             三鈷峰を目指す                       三鈷峰の雄姿

 

                頭にガスを被った大山北壁                クルマユリと大山

                               大山北壁    素晴らしい!

                             三鈷峰手前の崩壊地から手を振る諏さんと倉

                                    三鈷峰頂上

                         幾重にも重なる山々の峰  蒜山方面  美しい!

 

                    船上山・甲ヶ山                   ユートピア避難小屋

                                 姿を現した大山北壁

           初めての山鈷峰!素晴らしかった。周りの景色も言葉にならないくらい・・・。改めて大山の良さを知った。

 

                 三鈷峰を降る登山者                    野田ヶ山・親指ピーク

 

                     クガイソウ                         アップで

 

                  蝶もクガイソウで遊ぶ                   ギボウシ

 

                斜面一面にクガイソウ                   今年は様子が違うそうだ

 三鈷峰からユートピア避難小屋までの斜面に咲く、クガイソウが有名らしいが、今年はちょっと様子が違うそうだ。何でも、花が小さいらしい
 今年は雪が多く、遅くまで残雪が残っていたせいだとも言っていた。もっと斜面が紫一色になるそうだ。でも、初めて見る私には十分であった
 きれいだった。他の花もたくさん咲いていた。ギボウシとシモツケソウは、自分の存在をどちらもここぞとばかりに主張していた。

                                 クガイソウと大山

 

                  こちらは群生していた                 ユートピア避難小屋と三鈷峰

                                シモツケソウと大山

 

          クガイソウとは裏腹にシモツケソウはにぎやかだった        シモツケソウと甲ヶ山方面

                                 烏ヶ山の雄姿   かっこいい!

                              P1597からP1636ピーク方面

 

                     象ヶ鼻                          三鈷峰

                            ”砂すべり”  ここを元谷までショートカットして降ります。

 ”砂すべり”ここも始めての体験だった。この前に短い急な斜面の砂すべりを下ったが、そちらはちょっと緊張した。
 ここは、快適そのものだった。早い!早い!一歩が三歩分と誰かが言っていた。正しくその通り!楽チン!

 

                 振り返る吹さん 慣れています。        元谷から見る大山北壁  ガスが掛かり始める

 こうして楽しかった山行を終え、帰りに「みるくの里」で「ステーキ丼」とソフトクリームを食べて、300円のお風呂に入り、野菜とスイカを
 Getして、帰路についた。吹さん、お世話になりました。

                                       大山の花たち

 
 
 
   
 
   
 

Top

inserted by FC2 system