登山日  2012年7月8日(日)
 天候  晴れ
 山名  ほうまんさん
 所在地  福岡県太宰府市
 登山口  竃門神社(かまどじんじゃ)駐車料金400円
 コースタイム  登山口9:07-林道終点9:40-水場9:57-7合目10:30-頂上11:00-頂上発11:35-登山口13:10
同行者   お父さん
 所要時間  4時間45分
ワンポイント  西鉄太宰府駅から竃門神社行きバスが出ている。 

一番下の駐車場に車を止める

梅雨の晴れ間を逃してはなるまいと思い、初めての宝満山へ行ってきた。運動不足のお父さんも
同行させたが、ちょっときつかったかな?でも、久しぶりの山を何より宝満山全体が昔は竃門神社
の境内だったという歴史跡を満足そうに楽しんでいた。例のごとく多くを語っていたが・・・半分だけ
聞いてあげた。この山は福岡県で一番の人気の山らしく、後から後から次々に登山者が登って
来た。頂上からの眺めも良く、皆から愛されていることがよくわかる。次は、宝満山の先三郡山や
氷結の滝で有名な難所が滝に行ってみよう。神社の入り口に何軒かの茶屋があり、冷たいもので
降りてきて疲れを癒すには良いところだ。さあ、次は四国へ


上の駐車場は満車で下の駐車場に車を止めた

竃門神社を通って登山口へ

神社にお参りをしてから登る
 
登山口
 
感じの良い登山道 側には沢が・・・

石段が始まる
 
快適に歩いていると下の方から話し声が

林道から登ってくる登山者

池面に映る緑が美しい

 
一の鳥居を目指して池の横の登山道を行く
 
登山道は殆ど階段と言って良い
 
林道を3か所横切る
 
ここにも数台が止められる駐車場がある。
ここから本格的な登山道
 
一の鳥居に到着
 
しばらく行くと水場が現れ一息入れる
 
水場はちょっとした広場になっていて
ベンチもある
 
水場を過ぎた辺りに木道が現れる
 
ここが山の本にも乗っていた急登の百段ガンギ
 
「ガンギ」とは、階段のことかな?
 
百段ガンギを必死で頑張るお父さん
 
しばらく行くと石碑の立つ中宮跡に到着
ここから少し平坦な道となり、帰路の羅漢道と
の分岐に出会う
 
この日初めてで唯一の花オカノトラノオ
 
アップにすると小さな百合の花の
集まりみたい
 
羅漢道との分岐点
 
大きな檜
 
 
右の標識の岩がここ
二人一緒には通れません
 
ヘロヘロになりながらようやくたどり着いた
宝満山頂上
 
さすがに人気の山、多くの登山者が頂上を
楽しんでいた。私達もここで昼食をとることに
してゆっくり景色を眺めながらお弁当を食べ
た近くにビールを美味しそうに飲んでいたおじ
さんが羨ましかった。お弁当のおかずはどれも
ビールのおつまみになりそうな物だったから
 
頂上から急な岩場を下るとキャンプ場がある

羅漢道を下って行くとここにも豊富な水場が

博多・能古島方面

脊振山方面

HOME

inserted by FC2 system